防災の日_ロゴ.png
1265264.png
 

防災の日とは?

毎年9月1日は防災の日となっています。これは大正12年9月1日に発生した関東大震災にちなんで1960年に制定されました。災害に対処する備えや認識を深めること、災害の未然防止や被害の軽減に資するための日となります。

 また防災の日を中心とした1週間は「防災週間」となります。今年は8月30日~9月5日です。この週間において、防災意識の普及目的のため防災訓練・活動・行事・教育等を行っています。

 

読谷村のこれまでの取組

平成29年度から総務課・福祉課連携による「防災の日」啓発活動の取組を開始。

・パネル展、ビデオ上映、出前講座、FMよみたん(防災番組出演)、電光掲示板、出前講座:伊良皆自治会・横田自治会(平成29年度)、高志保自治会・渡具知自治会(平成30年度)、高志保ゆいまーる・横田自治会・波平団地(令和元年度)

地域支え合い活動委員会
地域支え合い活動委員会

press to zoom
地域支え合い活動委員会
地域支え合い活動委員会

press to zoom
1/1
読谷村災害時要援護者避難支援計画
読谷村災害時要援護者避難支援計画

press to zoom
読谷村災害時要援護者台帳登録のお知らせ
読谷村災害時要援護者台帳登録のお知らせ

press to zoom
読谷村災害時要援護者避難支援計画
読谷村災害時要援護者避難支援計画

press to zoom
1/2
読谷村災害時要援護者台帳登録のお知らせ
読谷村災害時要援護者台帳登録のお知らせ

press to zoom
読谷村災害時要援護者台帳登録のお知らせ
読谷村災害時要援護者台帳登録のお知らせ

press to zoom
1/1
 

万が一に備える

■自宅にいるとき

・クッションやバッグなどで頭を守り、頑丈なテーブルの下などに隠れ、揺れが収まるまで待つ。慌てて外に飛び出さない。

・揺れが収まったら、落ち着いてまずは出口を確保する。ガラスなどの破片が散乱している可能性もあるため、室内でも靴やスリッパなどを履いて移動する。使用中のガスコンロやストーブも揺れが収まってから消す。

・停電が起きている場合、家を空けるときには必ずブレーカーを落とすこと。停電した電気が復旧した際、漏電による火災を防ぐため。

・家が倒壊する恐れや避難の必要性があれば、避難場所へ移動する。頭を守り、落ち着いて移動する。

 

■自宅外にいるとき

・学校・会社の場合、日ごろの訓練に沿って行動。

・エレベーター内の場合、全フロアのボタンを押して、早く止まった階で脱出し、非常用通路や階段を使って避難を続ける。エレベーターに閉じ込められた場合は、非常用連絡ボタンを押し外部と連絡を取って、落ち着いて救助を待つ。

・運転中の場合、ハザードランプを点灯させながらゆっくり左側へ車を寄せて停車。揺れが収まるまで待つ。その際、ラジオなどで情報を確認する。車から離れる場合は貴重品(車検証・保険証・ETCカード等)を持って、鍵をつけたままメモなどで連絡先を残す。

 

■家族との連絡方法

・事前の連絡手段を家族間で確認しておく。

・携帯電話や固定電話は繋がりにくくなることもあるため、災害伝言ダイヤル(171)やご利用の携帯電話会社の災害用伝言板(アプリ)など、複数の連絡手段を用意しておくこと。どちらも毎月1日と15日は体験日が設けられている。

■備蓄品

・最低でも3日分、できれば7日分の備蓄品を用意しておく。

・備蓄した食品に関して消費期限をチェック。ローリングストック法で期限が近いものを食して、補充する。

・衛生・救急用品などは雑菌が入らないように袋に入れて保存。

・便利グッズとしてはキャンプグッズを想定するとわかりやすい。

 

<食料品>

水・長期保存のパン・アルファ米・レトルト食品・缶詰・即席食品・お菓子・カセットコンロ・カセットボンベ

<衛生・救急用品>

マスク・歯磨きセット・帽子・生理用品・絆創膏・常備薬・眼鏡

<便利グッズ>

十徳ナイフ・LEDライト・携帯充電器・寝袋・ホイッスル・食品包装用ラップ・新聞紙・ロープ・粘着テープ・ゴミ袋・給水タンク・軍手

<トイレの備え>

携帯用トイレ・LEDライト・除菌スプレー・トイレットペーパー

kakuseiki_man_angry.png
saigai_maq_hinanjo.png
saigai_mochidashi_bag_kakunin.png
 

​読谷村津波ハザードマップ

読谷村津波ハザードマップ.png

避難経路図

 

防災◯✕クイズ

 

政府関連防災動画

FM防災インタビュー動画

新型コロナウイルス感染防止の為、
令和2年度の「防災の日パネル展」はオンラインにて開催いたします

読谷村役場 総務部 総務課 ☎098−982−9201